杭工事


場所打杭工法

・オールケーシング工法
掘削径と同径のジョイント式鋼管を圧入しながら内部を掘削する工法です。杭全長にわたってケーシングを圧入するため、孔壁崩壊がありません。特に崩壊しやすい地盤に適する工法で、砂礫層・玉石層の掘削が可能です。

 

・リバース工法
掘削孔の先端より泥水とともに掘削土砂をポンプで地上に吸上げ、掘削泥水による水頭圧により孔壁を保護しながら掘削する工法です。

 

・アースドリル工法
安定液の使用により、掘削孔壁を保護しながら掘削する工法です。

 

・BH工法
大型のボーリング機械を使用し、ロッドの先端に取り付けた掘削用のビットを回転させ、先端より泥水または安定液を排出し、掘削された土砂は孔内の上昇流により孔口へ排出させて掘削する工法です。

 

・深礎工法
人力または機械により掘削、土砂の搬出を行いつつ、ライナープレート等で土留を行い、必要な深さまで掘り下げ、孔内で鉄筋を組立て、土留材を取り外しながらコンクリートを打設する工法です。

掘削状況掘削状況

ライナープレート設置状況ライナープレート設置状況