埋設物調査工事


グランドビュアー工法

グランドビュアー工法とは、地下構造物など探査の対象物に損傷をあたえずに、位置、深度等を計測・記録する工法です。探査のポイントに探査管を墳流水の出力を加減しながら推進し、探査管が推進できなくなった時点で、清水を静かに送り探査面を洗浄した後、探査管の内管にスコープを挿入し、モニターの映像によって先端部の物体を確認します。探査物及び探査状況は、DVDビデオや写真によって記録します。

使用用途
1.埋設物の位置測定
2.埋設物沈下観測孔の設置、撤去
3.埋設物の劣化(疲労)度観察(コンクリート)
4.シールド機カッタービットの摩擦度観察
5.シールド等トンネルの測量用観察孔(センターチェック)の設置
6.空洞調査(地下水位以下)
7.薬液注入後の効果確認

削孔状況
削孔状況

スコープ投入状況
スコープ投入状況

主要機器

主要機器