地盤改良工事


RJP工法

RJP工法は、三重管ロッドの先端にRJPモニターを装着し、計画深度まで削孔後、超高圧水墳流体<アクアジェット>と空気墳流体、超高圧硬化材墳流体<アブレーシブジェット>と空気墳流体を噴射させながら回転、引き上げし、発生するスライムを排出して大口径の円柱状の改良体を造成する工法です。改良目的にあわせて、強度の調節が可能です。

使用用途
1.ヒービング防止、ボイリング防止
2.土圧軽減、止水対策
3.土留欠損・歯抜け部防護
4.立坑の底盤改良
5.構造物の基礎強化

ケーシング削孔状況

ケーシング削孔状況

RJP工法 施工図

RJP工法 施工図

建込状況

建込状況

造成状況

造成状況